コムズホーム株式会社|東大阪と東成区を中心としたマンション・一戸建ての購入・売却ならお任せください > コムズホーム(株)のスタッフブログ記事一覧 > 【不動産売却のトラブル】事例と回避方法を解説!

【不動産売却のトラブル】事例と回避方法を解説!

≪ 前へ|【かしこい不動産売却】4つのポイント   記事一覧
カテゴリ:不動産関係

不動産売却にはどんなトラブルがある?事例と回避方法を解説!

不動産売却は大きな金額になるものですし、手続きも複雑なので、トラブルが起こる可能性があります。
トラブルをできるだけ避けるためには、あらかじめ事例や回避方法を知っているとよいでしょう。
そこで今回は不動産売却のトラブル事例や回避方法について、3つのパターンを挙げてご説明します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却のトラブル事例と回避方法①仲介会社とのトラブル

売却を仲介してもらう不動産会社とのトラブルで多いのは、仲介手数料や広告料に関するものです。
仲介手数料は、法律によって以下のように上限が決められています。

●200万円以下の部分は5%
●200万円を超え400万円以下の部分は4%
●400万円を超えるの部分は3%


なお400万円以下の部分は、上限が18万円との規定もあります。
これに消費税をプラスした金額が上限ですから、しっかりと覚えておきましょう。
また、宣伝するための広告費にも注意が必要です。
基本的に、不動産会社が広告にかかる費用を請求することはできません。
なぜなら、不動産の仲介においては、仲介手数料しか受け取ってはいけないと定められているからです。
売主が特別に依頼した場合などの例外もありますが、それ以外のケースで請求されていないかどうか、きちんと確認しましょう。

不動産売却のトラブル事例と回避方法②物件に関するトラブル

物件に関して多いのは、契約不適合責任に問われるケースです。
たとえば、買主が引き渡しを受けてからシロアリ被害に気付き、裁判になった事例があります。
この場合、引き渡す前から被害があったため、売主は契約不適合責任に問われてしまいます。
このようなトラブルを回避するためには、ホームインスペクションの実施がおすすめです。
床下や屋根裏など自分だけで確認できない部分は、専門家にしっかりと調べてもらいましょう。


「ホームインスペクションのご相談」コムズホームにお任せ下さい!

不動産売却のトラブル事例と回避方法③契約に関するトラブル

売買契約においては、契約解除のトラブルが多いようです。
契約したあとに買主の都合で解約になると、手付金は「解約手付」として売主がそのまま受け取ります。
けれども買主がそれを不服として、トラブルになってしまうケースがあるのです。
契約する際には、重要事項説明をしっかりと行い、不安がある部分はとくに確認するように心がけるとよいでしょう。
なお、このようなトラブル事例は、国土交通省が制作している「不動産トラブル事例データベース」でも調べられます。
キーワードを入力したり項目を選んだりすると、該当する事例が出てきますから、気になることがあるときは検索してみましょう。

まとめ

不動産売却においては、さまざまなトラブルの発生が予想されます。
できるだけ回避するためには、どのような事例が多いのか知っておくことが大切です。
大きな金額になる取引ですから、「信頼できる不動産会社を見つける」「ホームインスペクションを実施する」など、大事なポイントはしっかりとおさえるように心がけましょう。
私たちコムズホームでは、関西地方の不動産情報を豊富に取り扱っております。
東大阪と東成区を中心としたマンション・一戸建ての購入・売却ならお任せください
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|【かしこい不動産売却】4つのポイント   記事一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る