コムズホーム株式会社|東大阪と東成区を中心としたマンション・一戸建ての購入・売却ならお任せください > コムズホーム(株)のスタッフブログ記事一覧 > 【12直とは?】良い日・避けたい日

【12直とは?】良い日・避けたい日

≪ 前へ|【桃谷駅の近くの公園】「五条小公園」「生野西公園」の魅力をご紹介   記事一覧   【住宅ローンのこと】融資手数料型と保証料型の違いとは?どちらを選ぶ?|次へ ≫
カテゴリ:マメ知識

コムズホーム株式会社12直 とは10048

物事の吉凶を占う六曜は今日においてとても身近な存在です。
大安や仏滅などカレンダーにも記載されているので、目にする機会も多いでしょう。
それより古い時代から用いられていたものがあります。
それは「12直」です。
この「12直」とはいったい何でしょうか?

弊社へのお問い合わせはこちら

古来より伝わる12直と良い日とは

結婚式などの良い日やお葬式の日取りなど、吉凶を決める六曜は、現代において馴染んだものです。
しかしこれは明治以降に比較的に多くなりました。
それ以前は12の日柄に分けた12直が良い日を見るために重宝されていました。
奈良時代に創建された正倉院には日本最古の暦である具注暦が残されています。
この具注暦に12直が記載されており、古くは奈良時代から使用されていたのがわかります。
12直とは中国で生まれ、北極星を中心に回る北斗七星の動きをもとにした暦です。
北斗七星は反時計回りに1日をかけて北極星を1周し、古代人にとっては特別な星でした。
江戸時代までは日々の吉凶をみる暦として、良い日はいつなのかと重要視されていました。

12直とそれに関わる種類とは

12直とは大きく12の日柄に分けるため、その種類は12あります。
その12種類を簡単に説明してきましょう。


建(たつ)・・・とは物事を決める日として良い日であり、動土という開運は避けるべきですが結婚式や会社の登記に適しています。
除(のぞく)・・・はその文字からもわかるように、障害や凶を除くという意味を持ち、婚姻や旅行は良くないですが医療や神事に良い日です。
満(みつ)・・・はすべてが満ちることを意味し、大吉の日とされます。
そのため会社の登記、婚姻、開店するのにオススメです。
平(たいら)・・・はすべてが万事、平和に収まる日とされ、川溝掘りや動土にオススメしませんが地固め、柱建てに推奨された日でしょう。
定(さだん)・・・は善悪や物事が定まるとされ、旅行や訴訟に向きませんが婚姻や物事決め、開店などに適した日です。
執(とる)・・・は物事を執りおこなう日でありお金を使うことは凶ですが、ほとんどの事柄に良い日になります。
破(やぶる)・・・は打ち破る、突破できるという意味を持ち、まさに訴訟や談判ごとに適した日です。しかし破談のイメージから祝い事や契約事には適しません。
危(あやぶ)・・・は危惧するという意味を持つので危険事が多く大凶とされ、自重する日でもあります。
成(なる)・・・は物事が成就する日であり大吉の日です。
新しく始めるのに吉でもあるので、婚姻や開業、移転に適し、訴訟ごとは凶となります。
納(おさん)・・・は物事を納める意味を持ち、買い物に良いですが、お見合いや移転、葬儀に向いていません。
開(ひらく)・・・は物事が開く意味があり、婚姻や引越しするのにオススメの日でしょう。
閉(とづ)・・・は物事が閉じるという意味があるので墓を建てる、葬式に適した日といえます。



このような「良い日」「悪い日」のご相談も、お気軽にコムズホームにご相談下さい!!どのような事でも全力でサポートさせて頂きます!!

記事と合わせてお部屋探しもどうぞ|人気エリアのマンション一覧

まとめ

古来より伝わる12直は近年注目されています。
細かやかに決められた日は、江戸時代まで日常的に重用されてきました。
神経質になるのであれば気にする必要はありません。
しかし心を明るくするために験を担ぐのに、とてもおもしろいのが12直ではないでしょうか。
私たちコムズホーム株式会社では、関西地方の不動産情報を豊富に取り扱っております。
東大阪と東成区を中心としたマンション・一戸建ての購入・売却ならお任せください
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|【桃谷駅の近くの公園】「五条小公園」「生野西公園」の魅力をご紹介   記事一覧   【住宅ローンのこと】融資手数料型と保証料型の違いとは?どちらを選ぶ?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る