コムズホーム株式会社|東大阪と東成区を中心としたマンション・一戸建ての購入・売却ならお任せください > コムズホーム(株)のスタッフブログ記事一覧 > 【六曜とは?】良い日・避けたい日

【六曜とは?】良い日・避けたい日

≪ 前へ|【マンションの売却を検討中の方へ】賢く売る方法   記事一覧   【桃谷駅の近くの公園】「五条小公園」「生野西公園」の魅力をご紹介|次へ ≫
カテゴリ:マメ知識


新居への「引っ越し」や、マイホームの「契約日」、「引き渡し日」など、不動産にまつわる大切な日は、幸せな新生活を願って「縁起の良い日」を選びたいですよね。
今回は、日柄を見る指標として活用される「六曜」のほか、不動産にまつわることを避けたい日などについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産の取引日を決める参考に!「六曜」で縁起の良い日を知る

日本で、日にちの吉凶を見るために広く活用されているのは「六曜」です。
もともと中国が発祥で、カレンダーに書かれている大安や仏滅も「六曜」の種類です。
意外と知られていませんが、六曜には時間帯の吉凶もあるので、あわせてご紹介します。
まず「先勝(せんしょう)」。
先回りした行動が良いとされる日で、午前中が吉、14時から18時は凶です。
次に「友引(ともびき)」。
昼以外は吉の日で結婚式などにも良い日ですが、友を引くとされており、葬式には避けたい日です。
「先負(さきまけ)」は、無難に過ごすのが良いとされ、午前中は凶で午後から吉です。
お祝いごとに避けられる「仏滅」も六曜のひとつです。
意外なことに、悪いことばかりではありません。
仏事をしたり、悪縁を断って再スタートしたりするには良い日です。
縁起が良いとされる「大安」は、やってはいけないことがない日で、新しいことをはじめるのにも適しています。
凶となる時間帯もなく、不動産の契約日や着工日にするのも良いでしょう。
最後に「赤口(しゃっこう)」です。
万事において凶日とされますが、11時から13時は吉なので、大切な予定が入ったら、この時間帯におこないたいですね。
不動産の取引日には、縁起の良い大安のほかにも、友引、先勝がおすすめですよ。

三隣亡に注意!?不動産取引に避けたい「縁起の良くない日」】

不動産にとっても、縁起が良くないとされる日があるので、あわせてご紹介します。

三隣亡(さんりんぼう)

三隣亡は、建築の関係者からも凶日とされており、この日に建てると"火難を受けて、隣り3軒もほろぼす"と言われています。
土起こしや棟上げなどは避けたい日です。

不成就日(ふじょうじゅび)

何事も成就しない日として、なにかをはじめるのに適さないのが不成就日です。
不動産の契約や入居日には避けたいといわれています。

地火日(じかにち)

地火日も暦注のひとつです。
地に火の気があるので、土地を掘る基礎工事や井戸掘りのほか、柱建てには凶日とされています。

おすすめ|新築特集

まとめ

家の購入や売却など、不動産取引は人生のなかでも大きなイベントです。
気にしすぎてもいけませんが、契約や引っ越しには、縁起の良い日を選びたいですね。
その時は、ぜひこの記事も参考に大切な日をお決めください。
私たちコムズホーム株式会社では、関西地方の不動産情報を豊富に取り扱っております。
東大阪と東成区を中心としたマンション・一戸建ての購入・売却ならお任せください
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|【マンションの売却を検討中の方へ】賢く売る方法   記事一覧   【桃谷駅の近くの公園】「五条小公園」「生野西公園」の魅力をご紹介|次へ ≫

トップへ戻る