コムズホーム株式会社|東大阪と東成区を中心としたマンション・一戸建ての購入・売却ならお任せください > コムズホーム(株)のスタッフブログ記事一覧 > 【不動産売却】簡易査定と訪問査定

【不動産売却】簡易査定と訪問査定

≪ 前へ|【東成区・城東区の初詣】人気スポット   記事一覧   【必ず役立つ!】引っ越し前にやること|次へ ≫
カテゴリ:不動産関係

転勤や住み替え、相続物件の処分、投資など、不動産売却の理由は様々。

でも、高く売りたい、というのは共通していますよね。

不動産を売るとき、知り合いに売るのでなければ必ず通る道が、売却査定です。

相場はどの程度か、いくらで売れるのか、まず不動産会社に示してもらうのが売却への第一歩です。

 



2つの売却査定の違い


売却査定には、簡易査定と訪問査定があります。

違いは簡単、実際に不動産会社の担当者が家の中を見るのが訪問査定、訪問をせずにフォームへの記入やメールなどのみで査定するのが簡易査定です。

具体的に、ご説明します。

 


簡易査定とは


家の住所、建物と土地の広さや築年数・間取り、現在の状態などを伝え、担当者による現地調査なしで売却査定をしてもらうのが、簡易査定です。

人が訪ねてくる、となると時間も調整も必要です。

簡易査定はインターネット上で査定が完結することも多く、簡単ですね。

不動産会社は、その物件の周辺にある似た物件の取引情報や、公示価格、不動産市場の動向などを見ながら、査定をします。

もちろん、訪問してもらうのに比べて、正確なデータが出にくい傾向があります。

「まだ売却の検討を始めた段階だが、概ねどの程度か知りたい」というときに利用するのがおすすめです。

もし、フォームに備考欄などがあれば、具体的な間取りや設備、リフォームの状況、周辺環境なども記載すると、より査定の精度が上がります。 

 


訪問査定のメリット


訪問査定では、その物件の情報を伝えたうえで、実際に担当者に土地・建物を見てもらって査定します。

時間は概ね、30分から1時間程度。

周辺の道路、環境、土地の境界、中古住宅の場合設備やリフォーム状況なども含めて、詳細を見極めてもらえます。

特に中古物件は、同じ築年数でも状態によっては、資産価値に大きな違いが出ることも。

担当者の目で見て売却査定してもらうことで、どういう判断をしているのか知ることもできます。

訪問当日には、土地・建物の図面、権利証、登記関連の書類など、不動産に関わる書類は揃えておきましょう。

不動産の権利の状態など、売却時には必要な情報です。

 




まとめ


簡易査定と訪問査定の違い、ご理解いただけたでしょうか。

簡易的に価値を知ったうえで、不動産会社を絞り、訪問査定をお願いすることもできます。

実際に売却するとなれば、不動産会社と媒介契約を結び、買い主を探すパートナーとなります。

売却査定は、親身に相談に乗ってもらえる、担当者と出会う機会とも言えます。

まずは気軽に、どの程度かな、と売却査定してみるのもおすすめですよ。

 

不動産の売却を検討している方は、ぜひ売却査定を無料で行っているコムズホーム株式会社へお気軽にご相談ください





ー*-*-*-*-*-*-*-*-*-


コムズホーム株式会社


大阪市東成区深江南1-12-3深江ビル209号

TEL:06-6978-5656

Mail:info@coms-h.com


ー*-*-*-*-*-*-*-*-*-


≪ 前へ|【東成区・城東区の初詣】人気スポット   記事一覧   【必ず役立つ!】引っ越し前にやること|次へ ≫

トップへ戻る